ラーメン

すっぽんを飼ってみよう

すっぽんを飼育するには、すっぽんの性質を知っておくことが必要になるかと思います。
すっぽんは、神経質で、臆病な生き物になります。
そのため、生息場所では人里から離れた場所にいます。

また、静かな場所に生きています。
自然界で、育ったすっぽんは気が強く何かあればすぐに噛みつくことがあります。
もし、小さい時から飼育を行っていれば、人に慣れているため噛みつくことはないかと思います。

すっぽんを飼う時は、水槽を購入して飼育を行うといいかと思います。
水槽をきれいにすると、逆にすっぽんが死んでしまう事があります。
その理由は、すっぽんは流れが静かな場所に生息しているため流れが悪い場所に生息していることが多いです。

植物プランクトンなどによって、水底が見えないところに生息しています。
常に水を変える事で、ストレスを与える事になりますので体を壊す原因になる事があります。
すっぽんもカメと同じく日光浴が好きです。
すっぽんを飼育される時は、日当たりのいい場所で飼育されるといいでしょう。

日光浴によって、体が強くなり、骨や殻を強くしたりします。
その他には、病気の予防にもなります。
また、日光浴しないと骨が弱くなったり食欲をなくす原因になります。

このページの先頭へ